• セラミド化粧品 TOP
  •  > 
  •  > 
  • カサカサ乾燥肌を改善するケア|超乾燥肌でもしっとり潤う肌になれる?

カサカサ乾燥肌を改善するケア|超乾燥肌でもしっとり潤う肌になれる?


社会人になってから、かなりの超乾燥肌の24歳です。

学生時代はオイリー肌だったのですが、社会人になってから乾燥度がどんどん増してきて、今はカサカサ過ぎる肌になってしまいました。
いつも、粉を吹いている感じです。

カサカサを隠す為に、普段はリキッドファンデーションでメイクをしています。
出来ればパウダーファンデーションでパタパタしてみたいのですが、カサカサ肌の私では、到底無理のようです。

カサカサ肌が改善出来るような、うるおう肌になれるケアは、どのような事をしたらいいのでしょうか。

乾いて硬い肌は潤いを維持する力が低い

乾燥肌は、水分が少ないので肌が硬くなってしまいます。
乾燥している肌は、硬くてごわついているイメージがありませんか。

更に、硬い肌は、皮膚の表面温度が低いとも言われています。
乾燥しきった肌は、まず柔らかくし肌表面の温度をあげると、潤いを維持しやすい肌環境にする事が出来ます。

肌を柔らかくする為には、潤いをたっぷり与える事です。
潤いを維持しやすい肌にし、更に保湿力の高いスキンケアを肌に与え、肌の土台から潤う肌を作り上げましょう。

潤いを掴んで離さない保湿成分を肌に入れこもう

カサカサ肌の保湿力を高める為には、潤いのキープ力が高い成分を取り入れましょう。
乾燥肌が常習化している肌には、本気で潤う成分が必要です。

①セラミド
セラミドは、肌の潤いの土台。乾燥や雑菌から肌を守る作用があるので、乾燥肌には適した成分です。年齢を増すとセラミドはどんどん不足するので、乾燥肌の方は尚更乾燥肌に導いてしまいます。乾燥常習化を改善する為には、セラミドを肌に補給しましょう。

②ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、1gでお水6リットルの保水力がある、とても優れた保湿成分です。セラミドには落ちますが、十分保湿力があるので、期待できます。赤ちゃんの肌が柔らかいのは、ヒアルロン酸の力だそうです。あんな肌に、なってみたいですよね。

③イソフラボン
イソフラボンは、大豆に放屁に入っている成分です。女性ホルモンと似たような作用があるので、女性には必須の成分です。ヒアルロン酸やコラーゲンの産生据える力を促す効果がありますので、是非摂取したい成分です。

カサカサ肌には、化粧水後にオイルを

化粧水の後には、蓋をする事が原則です。
通常、乳液やクリームを使いますが、カッサカサ乾燥肌には、ちょっとお役不足と言える時があります。

確実に蓋をする方法として、オイルを使ってみましょう。肌と親和性があるので、きっちり潤いを逃さずに、長い時間潤いを持続させてくれます。

オイルは、高価な物でなくても役目を果たしてくれます。
ベビーオイル等安価な物でも、効果を十分に発揮してくれます。
肌の乾燥度が気になる場合は、オイルを蓋代わりに使ってみませんか。

乾燥肌の方は、顔以外の部分もカサカサしている事が殆どです。
かかとやくるぶし、ひじやひざなども、気付いていないだけでカサついているはずです。
それらの場所にも、オイルを塗ってあげましょう。
しっとりして、綺麗に見せる事が出来ますよ。

このページを見た人はココもチェックしています!

セラミド化粧品一覧

自分の悩みからセラミド化粧品を選ぶ

セラミド困った話

セラミド化粧品体験

INFO