• セラミド化粧品 TOP
  •  > 
  •  > 
  • セラミドの種類が知りたい!セラミドの詳しい種類や内容を学ぼう!

セラミドの種類が知りたい!セラミドの詳しい種類や内容を学ぼう!


肌の保湿力が乏しくなってきたので、高保湿化粧品を使おうと思っています。
そんな中、気になったのがセラミドです。
肌の奥から保湿力を高めてくれるという事で、年齢肌にはとても心強い成分だなと思いました。

セラミドの種類って、沢山ありますよね。
ヒト型セラミドや動物性セラミド等。
あとは、セラミドの後に数字が書いてある物がありますが、その違いは何なのでしょうか。

どれが優れていて、どれが乏しいのか、詳しく知りたいです。

セラミドの種類による成分の違い

セラミド配合のスキンケアのパッケージを見ると、セラミドというワードの後に数字が書いてあります。
それにより、機能が全く違います。

①セラミド1
水分を保持する作用があります。バリア機能が高まるので、外的刺激から肌を守ってくれます。アトピーの方は、このセラミドが1番少ないと言われています。

②セラミド2
皮膚の保湿力が、非常に高いと言われています。水分バランスを保持してくれるので、肌の奥からうるおいます。

③セラミド3・6
水分を保持する作用があります。シワをケアし少なくする事が出来ます。加齢により減少するセラミドは、このセラミドと言われています。更にセラミド6には、肌のターンオーバーを正常に促す作用があります。

④セラミド4・5
角質層の脂質のバリア層を作り上げてくれ、持続させてくれます。

⑤セラミド7
細胞の増殖をコントロールしてくれます。皮膚にある細菌のバランスを整えてくれます。

何から作られたセラミドなのかを知ろう

セラミドは、色んな原料で作られています。
それにより、内容も肌への響き方も全て変わっていきます。

①天然セラミド
動物や植物の成分から作られた天然物なので、肌に浸透しやすく我々に肌に馴染みやすい所が、特徴です。

②活性型セラミド
我々の肌の中にあるセラミドと同じ割合で合成されて作られた成分。天然の材料をプラスして作られており、活性機能があります。天然セラミドと同等の効果が期待でき、更に安価なので求めやすいと言えます。

③疑似セラミド
セラミドと似た分子を持っているで、一見勘違いしていますが、全くの別物と言えます。メーカーが独自セラミドとネーミングをしている物が多いので、勘違いしないよう注意しましょう。見分ける為には、パッケージの成分表を確認する事です。上記2つはセラミドと記載されておりますが、疑似セラミドはセラミドと記載されておらず、全く違うネーミングで書かれています。セラミドと成分表に記載されていない物は、信用しないようにしましょう。

どの種類のセラミドが重要なの?

我々の皮膚の角質層にあるセラミドを考えると、1、2、3が特に重要と言われています。

セラミド1は、水分を保持してバリア機能が高まりますので、とても重要です。
セラミド2と3は、保湿力が高いので、特に肌には欠かせない成分と言えます。

我々の肌に1番多く含まれているセラミドは、セラミド2です。
肌の1/5程含まれているセラミドなので、肌への影響が高いと言えます。
年齢肌の方は、セラミド5も減少していくので、必要と言えます。
この通り、肌の状態に応じて必要なセラミドの種類は変わります。
自分の肌に、どのセラミドが足りないのか必要なのかを考え、効率的に摂取していきましょう。

このページを見た人はココもチェックしています!

セラミド化粧品一覧

自分の悩みからセラミド化粧品を選ぶ

セラミド困った話

セラミド化粧品体験

INFO