• セラミド化粧品 TOP
  •  > 
  •  > 
  • セラミドをスキンケア以外で摂取してみよう|様々なセラミド摂取方法

セラミドをスキンケア以外で摂取してみよう|様々なセラミド摂取方法


肌の乾燥加減が酷く、目の周りの小じわや、ほうれい線が目立ってきています。
一気に老け顔になってしまい、ケアに力を入れて行こうと思っています。
高保湿化粧品を、使ってみようと思っています。
セラミド配合の物が効果を期待出来そうなので、セラミドのスキンケアをしようと思っています。

色々調べていくうちに、スキンケア以外で食べ物でもセラミドを摂取出来ると聞きました。
スキンケアと併用して、更に効果が出るのかなと思っています。
食べ物からのセラミドの摂取方法とは、どのような物がありますか。

セラミドは食べ物でも摂取出来る

セラミドが含まれている食べ物がありますので、摂取してみると良いでしょう。

①黒こんにゃく
セラミドが1番多く含まれていると負われているのが、黒こんにゃくです。お米や小麦も多いと言われていますが、その量はお米や小麦の7倍以上と言われています。こんにゃく芋に含まれているセラミドはとても豊富で、1日の摂取量は100gで摂取出来ます。

②お米や大豆、小麦
大豆に含まれているイソフラボンやお米、小麦には、セラミドがタップリ配合されています。黒こんにゃく程ではありませんが、その次に多いと言われています。ご飯や大豆製品、小麦製品等、日常生活で摂取しやすい食べ物がいっぱいありますので、摂取しやすいと言えます。

③黒色の食材
黒こんにゃくで解るように、黒色の食材人多く含まれていると言われています。黒ゴマ、海苔、黒豆、ゴボウ、ひじき、黒コショウなど、黒い食べ物には豊富に含まれています。

野菜や果物の色素成分を多く含む食べ物に多い

黒色以外にも、色素が強い食べ物にセラミドは豊富に含まれています。

①黄色
アボカド、バナナ、グレープフルーツ、レモン、黄色ピーマン等

②緑色
緑茶、ホウレンソウ、青梗菜、小松菜、きゅうり、ブロッコリー、ピーマン、レタス、枝豆、アスパラガス等

③赤色・紫色
イチゴ、トマト、赤ピーマン、なす、赤キャベツ、さつまいも等

これらの野菜や果物を、毎日摂取していくとセラミド量を上げる事が出来ます。
毎日の食生活に必ず加えてみると、良いでしょう。

セラミド吸収を妨げる食べ物

セラミドを頑張って摂取しても、それを妨げてしまう食べ物があります。

リノール酸を摂取し過ぎると、セラミドの生成を妨げてしまうと言われています。
リノール酸とは、どんな食べ物に入っているのでしょうか。

リノール酸とは、植物油に入っています。
植物油とは、我々が日常的に調理に使う油分です。
揚げ物や炒め物、焼く事に使ったりするので、全く摂取しないという訳にはいきません。
また、マヨネーズやマーガリン、ドレッシングにも含まれています。
加工品は、インスタント類、ラーメン、お菓子、パンなどに含まれています。

こう挙げてみると、よく口にするものばかりです。
ですので、全く摂取しないという訳にはいかないので、摂取し過ぎる事を防ぐ事が大事となります。

通常の食生活のみにし、インスタント類やジャンクフードは控える、という事が望ましいでしょう。

食生活に気を使い、スキンケアとのWの効果で、肌にセラミドをいっぱい与えてあげましょう。

このページを見た人はココもチェックしています!

セラミド化粧品一覧

自分の悩みからセラミド化粧品を選ぶ

セラミド困った話

セラミド化粧品体験

INFO